債務整理 おまとめローン 違い

債務整理とおまとめローン 選択の基準は

キャッシングのカード

多重債務の解決策として債務整理とおまとめローンの2つがよく知られていますが、実際のところどちらがおすすめなのでしょうか?

 

これは状況によって異なりますので、債務整理がおすすめのケースとおまとめローンがおすすめのケースをそれぞれお伝えしていきたいと思います。

 

まず債務整理がおすすめのケースですがこれは借金の返済が苦しい状況、たとえば返済が遅れていたり滞納している状態なら迷わず債務整理を選択するべきです。

 

債務整理は法的な手続きによって解決する方法ですから、着手した段階で取立てもストップしますし成立後利用していた業者と関わる必要もなくなります。

 

弁護士や司法書士に依頼すれば代理人の役割もしてくれるので交渉から成立まで任せることができ、成立後の返済も依頼している弁護士・司法書士にすることになります。

 

 

次におまとめローンがおすすめのケースですが、こちらは現在返済がきちんとできている人に限ります。

 

返済が問題なくできているならひとつにすることで金利が減り、返済はさらに楽になるでしょう。

 

また債務整理をするとその後5年間はクレジットカードやカードローン、キャッシングはもちろん住宅ローンや自動車ローンも組めなくなるのでそういった事態は避けたいと思っている人にもおすすめです。

 

おまとめローンにも審査があるので返済が遅れていたり滞納していれば受かる可能性が低いため、実質多重債務者におすすめの手段とは言えないでしょう。

金融機関

多重債務に苦しんでいる人の中にはおまとめローンという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

 

そこでここではおまとめローンとはどのような商品で、どういうメリットがあるのか説明していきたいと思いますので参考にしてみてください。

 

 

まずおまとめローンとは銀行や消費者金融などが取り扱っている金融商品の一種で、複数の業者から借りているお金をひとつにすることを目的にしています。

 

ひとつにまとめるメリットはまずそれまでそれぞれに支払っていた金利がなくなるので、金利の負担が減るところにあります。

 

カードローンやキャッシングはひとつひとつの金利が高いので、ひとつにまとめれば返済がかなり楽になる可能性もあります。

 

また返済するところがひとつということで精神的にも余裕が生まれ管理もしやすくなるメリットもあります。

 

 

しかしひとつにまとめることでそこへ支払う期間は長くなりますから、できるだけ迅速に返済を進めていかなければ結局複数で借りていた時とそれほど返済額は変わらなかったというケースも起こりうるので利用するなら毎月の返済額を多めにするなどの措置が必要でしょう。

 

また現在借金が全く返せていない状況ではひとつにまとめたところで好転する可能性は低いので、利用するなら少なくとも毎月の返済はできているという人以外は利用しないほうがいいと思います。

 

そして当然ながらおまとめローンも金融商品なので審査があり、その結果利用できない可能性もあります。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る

借金返済に困った時の対策はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対応策、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。