借金 返済 できない どうなる

放っておいても解決しない

金利アップするだけ返済も苦しく

借金は放っておいても解決しないと言われますが、具体的にはどのような結果になるのでしょうか?

 

これからお金を借りようと思っている人はもし借金をそのままにしておいたらどうなるのかきちんと認識しておかなければなりません。

 

まず借金をするということは金利がかかってきますので、1日でも返済が延びればその分多く返済しなければならなくなります。

 

たとえば消費者金融でお金を借りるとおよそ年率20%の金利がかかりますが、これは1年間を返済期間とすると120万円を返さなければならない計算になります。

 

1年間で20万円も増えればその分返済は苦しくなりますし、元金が大きければさらに金利も多くなりますのでより返済が厳しくなるでしょう。

 

ですからお金を借りたらできるだけ早めに返すことを心がけ、収入が入ったら何よりもまず返済をするようにしてください。

 

借金が返せないからと言って放っておいてもどんどん金利が膨らむだけですから、もし返せなくなったら債務整理をするなど早めに解決することを目指して動き出しましょう。

 

多重債務は一度はまってしまうと抜け出すのが非常に難しいと言われており、その多くは金利に悩まされています。

 

お金を借りるなら金利についての知識もしっかり学び、十分にリスクマネージメントをしたうえで借りてください。

 

この手の情報はインターネット等でも見れますので、専門サイトを探して情報取集しておきましょう。

督促の電話もストレス

多重債務に苦しんでいる人にとってもっとも辛いのが取り立てによる精神的苦痛ではないでしょうか?

 

現在取り立ては法的に規制がかかっているため制限されているとは言え、業者側もあの手この手で返済を迫ってきます。

 

たとえば電話を何度もかけてきたり、ダイレクトメールを送ってきたり、最悪の場合職場に電話がかかってきたり自宅へ催促に来ることもあります。

 

借金をしていない人からするとそれほど追い込まれるものなのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、借金を返せないという状況はそれだけで精神的にも追いつめられている状態ですから電話がかかってくるたびにストレスが溜まるものです。

 

こういった状況が続くと取り立てが来ているのではないかと常に不安な中で生活するので、疑心暗鬼になり人とのコミュニケーションも避けるようになりがちです。

 

その結果外出するのが怖くなってしまい、仕事にも行けなくなるケースがあります。

 

こういった事態を一刻も早く解決するにはやはり債務整理をすることが一番ですし、法的に解決すればその後の生活再建も楽になります。

 

取り立てに苦しんでいる人の中には債務整理についてあまり詳しく知らない人も多く、解決できないまま時間が経ってしまうことも多いものです。

 

そういった人がもし周囲にいたら正しい債務整理の知識を与えてあげてほしいと思いますし、これからお金を借りようと思っているなら最悪の事態になったときのことを想定しておく必要があります。

債務整理と家族への影響

多重債務者の中には自分の借金によって家族に影響が出ている人も少なくありません。

 

たとえば結婚している場合、収入の中から返済等をやり繰りしなければならず借金が多くなってくれば返済のお金も多くなるので家計は苦しくなるでしょう。

 

そして返済そのものができなくなると取り立ての電話や訪問もあるので、その対応にも追われるようになります。

 

 

そうすると精神的苦痛は自分だけでなく家族にもかかってくるので、コミュニケーションも円滑にはいかなくなることが多いです。

 

よくあるのが借金をしていることを隠していて、多重債務になってから仕方なく打ち明けるケースですでにどうしようもなくなっている状態なのでその後の生活再建も家族で考えなければならなくなります。

 

たとえ債務整理で解決できたとしても、その後金融商品の利用が制限されるため生活面での影響も出てきますし、自己破産をした場合持家や自動車も手放さなければならないため、かなり生活は変わってしまいます。

 

 

こういった事態にならないためにもお金を借りるときは家族と十分に相談し、きちんと返返済計画を立てて利用するようにしてください。

 

消費者金融などの宣伝を見ると家族に内緒で借りれるというワードを目にしますが、内緒にしたまま借りるのはその分リスクも高いことを覚えておかなければなりません。

 

軽い気持ちでした借金がその後の人生を左右することもありますので、お金を借りる際にはリスクマネージメントをきちんとしておきましょう。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る

借金返済に困った時の対策はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対応策、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。